頭痛・首痛・・病院の首の牽引器の有効性!?Yさん40代|交通事故によるむちうち・怪我・痛みは広島県廿日市の交通事故治療院の「なかまる整骨院」へ

廿日市の交通事故治療院

Call: 0829-30-7790

image

お客様の声

頭痛・首痛・・病院の首の牽引器の有効性!?Yさん40代

ここに文書で記載している時点からは、約9か月前に交通事故に遭いました。大雨の中、高速道路を車で走行中に、道路の整備が行き届いていなかった箇所に、アスファルトの凹部の破損と水たまりができており、そこで水たまり現象(アイドロプレ-ン現象)がおこり、自動車がスリップして回転したということでした。自動車に乗っていたYさんは横揺れとブレ-キとベルトによる押さえつけによるむち打ち首の捻挫をしてしまいました。

当院では、病院のような部分部分で分けて治す考え方はしておりません。体全体を正していきますので、結果なんとか元の状態またはそれに近い状態まで個人差はありますがよくなります。もちろん、変形や破壊されたものは、手技はもちろん治せませんが、手術しても元には戻りません(別な形態で安定する)

現在、首の歪みは解消され、首や肩の痛みがなくなり、頭痛に関してもロキソニンなしで生活できるようになり胃も楽になりました。

 

事故当初から6か月病院ンへ通院していました。治療方法は、ロキソニンと理学療法士による首のマッサ-ジそれに加えて首の牽引器による物理療法でした。

なぜ、病院整形外科で理学療法士の先生とそれらしき専門機器を使用し6か月もかけても、頭痛が治らなかったのでしょうか?

そもそも、頭痛が6か月続くのもかなりつらいし、ロキソニンを6か月飲み続けていたのも辛い、かなり胃腸や精神的に問題が出てくるころでした。

本人も一生ロキソニンを飲み続けていかなければいけないのかと、不安な毎日を送っていたと言います。

 

まず解決方法の前に、一般の交通事故では、自賠責保険になろうかと思います。自賠責保険では6か月経過してしまうと、次の病院へまたは整骨院へ移ることは不可能です。たまたま、Yさんは通勤中の事故だったので通勤労災で対応できました。

 

①首の牽引器はどうなんでしょうか?

5年位前に、WHO(世界保健機構)が、首の牽引器は首の治療には適していないということを発表してから、日本以外で首の牽引器を使用している国はもう無いのではないでしょうか?

顔が変形したり、顎がずれたりして二次的に別な個所の不具合が発生します。ただ牽引して戻すても首の骨の位置が元に戻らない。歪んでいるのは首だけではないので、首の下の鎖骨や肋骨脊椎が歪んでいたとすると、そこから首の骨や頭についている筋肉は、捩れたまま上に引っ張られるので更に炎症を起こします。

つまり、よくある首だけの牽引器では、

×頚椎の歪みはまず治せない

×顎や頭蓋骨の変形を引き起こす危険性

×周囲筋の炎症まで引き起こすのです。

 

②ロキソニンはどうなんでしょうか?

頭痛を緩和しているだけです。血流を促進して、発痛物質が局所に溜まらなくしているだけです。局所になぜ発痛物質が溜まるのかを根本解決しなければいけません。

③理学療法士の先生の技術レベルはどうなんでしょうか?

本当に、上手な先生は、病院をやめて自力開業をしています。病院で場を踏んで練習し上手になっても、給料が低いから辞めてしまうのが現状です。50代以上の超ベテランリハビリの先生を整形外科病院でみたことがありません。

 

ページトップへ戻る